関野正樹のホームページ

モンブランの展望台にて

所属:東京大学 大学院工学系研究科 電気系工学専攻
東京大学 工学部 電気電子工学科
科学技術振興機構 戦略的創造研究推進事業(ERATO) 染谷生体調和エレクトロニクスプロジェクト (グループリーダー)
大阪大学 産学連携本部 脳神経制御外科学(帝人ファーマ)共同研究部門 (招へい准教授)
職名:准教授
専門分野:生体医工学, 超電導工学
研究室:関野研究室のページ
大崎研究室のページ
趣味:熱帯魚飼育,ドライブ,ワイン,スキューバダイビングなど

研究内容

少子高齢化がますます深刻になる日本や世界において,健康寿命すなわち自律した生活ができる生存期間をいかに伸ばすかが重要課題になっています.そのためには,病気を早期に発見すること,そして,体に優しい方法で病気を治療することが大切です.磁場は,体の奥深くまで減衰せずに到達することから体内の鮮明な断層撮影を可能にするうえ,X線のような被曝もありません.このような断層撮影の技術は,脳機能研究にも利用され,成果を上げています.また,パルス磁場を加えて脳内に生じた渦電流によりニューロンを刺激することで,長期に持続する痛みなどの症状を和らげる効果があり,脳外科手術に代わる新しい治療法として確立されつつあります.研究室では,超電導を中心として,電磁界を利用した次世代の医療機器の開発に取り組んでいます.電磁気学や超電導工学の知識に基づいて新たな機器のアイデアを考案し,数値解析も利用しながら設計を進め,実際に機器を製作して実験を行います.医学・生物学系の研究室とも連携しながら,機器の応用研究を進めます.民間企業と協力して,機器の実用化を目指すこともあります.

最近の主なテーマ


担当講義・演習


研究業績など

略歴 著書 論文 (英文誌)
論文 (和文誌) 招待講演等 国際学会発表
国内学会発表 特許 リンク

Eメール:sekinoあっとbee.t.u-tokyo.ac.jp (「あっと」を@に変えてください)
郵便物宛先:〒113-8656 東京都文京区本郷7-3-1 東京大学 大学院工学系研究科 電気系工学専攻
宅配便宛先:〒113-0032 東京都文京区弥生2-11-16 東京大学 工学部10号館3階300号室